ダイナミックな人生を生きる方法無料ダウンロードプレゼント

進化型動画ブログ自動更新システム-チューブストーム・プロ 【オートスタートパック】


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

スカイクエストコムの可能性 2、個人の時代

21世紀は「個人の時代」という言葉は、すでに聞きなれたものになってきていると思います。

そもそも、どうして「個人の時代」という言葉がこれほどまで身近になってきたのでしょうか。

それには、大きく分けて2つの要因があります。

ひとつは、バブル崩壊です。

バブル崩壊以来企業が大規模なリストラをするなかで、良い会社に努めれば一生安泰、というそれまでの考え方は、今では過去のものになりつつあります。そのため、企業に依存せず、個人が力をつけることが必要だと言えます。

また、成果主義を取り入れ、個人の能力が期待され、個人の意見が尊重される企業も増えてきているようです。

そしてもう一つは、インターネットの普及です。

ホームページやブログを持つことによって、個人が誰でも簡単に主役になることができるようになりました。

また、インターネットによる情報革命は、「組織」から「個人」という時代の流れに大きく関係しています。

20世紀は、組織の力がとても強い時代であったと言うことができると思います。その理由は、あらゆる情報が組織に集まるからです。なおかつ組織内の上の人ほど多くの情報をもち、下の人に対して有利だったのです。

ところが、IT革命は個人がその気になれば相当の情報を集めることを可能にしました。つまり、インターネットの普及により、必ずしも個人が組織に所属する必要性がなくなってしまったのです。

この時代の流れのなかで私は、「MLMにようやく時代が追い付いてきた」、そう感じています。

これといったアイデアや資金はないけど雇われる生き方ではなく、やれるものなら個人で何かしたい、という思いは、けっこう多くの人の心の中にあるのではないでしょうか。

MLMは個人事業です。

ただ、普通の個人事業とは違い、チームがあります。個人1人だけではできることが限られていますし、ある意味、生産性が低いともいえます。

しかし、異なった能力を持つ人が集まって、一つの目標に向かってモチベーションを保ちながらお互いの能力を発揮することで、生産性は向上します。だからといって、お互いに対して強制力はありませんので、会社組織とはまったく違うものです。

あくまでも個人のビジネスなので、それぞれの自主性が尊重されるわけです。

組織だけど、個人。とても21世紀的だと思います。

組織の時代であった20世紀に比べ、このような働き方を求める人は、今後さらに増えてくるはずです。

個人でビジネスをする人が増え、さらに企業の中でも個人の能力や自主性が求められるようになると、自ら学び続けることが重要になってきます。

つまり、「教育」です。

実際、経営やマーケティング、自己啓発、成功哲学といった分野のセミナー出席者には、会社を経営している人が少なくありません。

こういった教育が個人レベルで必要になってくる時代が、近い将来やってくると私は考えています。

また、企業の中でも今まで以上に、個人の能力や主体性が求められることが多くなってきています。

中学や高校時代を思い出してみてください。学校の授業だけではく、進学塾や予備校に通う人がたくさんいたと思います。これは他の人に少しでも学力の差をつけるためです。

会社組織で働いていれば、仕事に必要な教育は企業がやってくれます。しかし、当然のことですが他の社員も同じ教育を受けているわけです。組織の中で個人の能力や主体性をさらに発揮するとなると、個人的な学習の必要性を感じる機会が増えてくるのではないでしょうか。

「MLM」という働き方、そして「教育」という製品。

この両者の組み合わせは、「個人の時代」といわれる21世紀において、大きな可能性を私に感じさせてくれています。
スポンサーサイト

| その他 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑















非公開コメント

http://sqcmlm.blog99.fc2.com/tb.php/113-e1caaeab

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。