ダイナミックな人生を生きる方法無料ダウンロードプレゼント

進化型動画ブログ自動更新システム-チューブストーム・プロ 【オートスタートパック】


2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

加賀屋のサービスのあるべき姿

いろいろとありまして(最後に書きます)、更新が遅れてしまいました。

帰ってきて数日経ちますが、和倉温泉・加賀屋、行ってきました!

メインは温泉と大宴会、そして仲間との語らいといった感じでしたが、研修会では、総支配人が普段の社員研修でお話していることと同じ内容のことを私たちにお話ししてくださいました。題して、“加賀屋のサービスのあるべき姿~笑顔で気働き”。今日はそこから一つシェアをしたいと思います。

目配り、気配り、思いやりを合わせて加賀屋では「気働き」と言っているそうです。笑顔もそうですが、やはりその根底にあるのは、お客さんにリラックスしてもらう、安心してもらう、信用してもらうということにあるそうです。

例えば、“笑顔で気働き”によってお客さんの気分が良くなりリラックスをすると、部屋を出入りする仲居さんに対して気を許し、自然な会話の中で自分たちの旅行の理由などを話したりします。すると、仲居さんは出来るだけそのお客さんに会ったサービスを提供できるというわけです。

ここでポイントとなるのが、“笑顔で気働き”はお客さんに対しての「ケア」であることはもちろんですが、その中で交わされる何気ない会話も、新たな「ケア」につながるお客さんの貴重な情報として捉えているということでしょう。

これは、セールスやMLM、さらに言えば人づきあい全般に通じることだと思います。特にMLMについていえば、相手のことを知っているからこそ、自分がどんな形で相手の役に立てるのかが明確になり、その上でで自分の扱う製品を紹介するわけです。

やはり、「ケア」と、相手の情報を得る、ということはどんなビジネスにおいても重要であることは間違いないようです。そのことにあらためて気づきました。


・・・さて、どうして更新が遅れたかという話ですが、大宴会&大浴場&ミッドナイトカラオケパーティーなどで少々はしゃぎすぎて喉を痛めて声が出なくなり、その上睡眠不足も手伝ってエネルギーを使い果たしてしまったのか、自宅に着くなりせきが出はじめ、熱も出てきて、寝込んでいました。数日たった今もまだ声が出ないのです。みなさん、はしゃぎすぎには十分注意しましょうね。
スポンサーサイト

| その他 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

石川県和倉温泉・加賀屋

以前、「ケア」についてこのブログでも書いたことがありますが、「ケア」はスカイクエストコム日本の代表、小林GMが大切にされていることの一つでもあります。

「ケア(care)」というのは、辞書で調べてもたくさん意味がのっているようになかなか一言で表現するのは難しいのですが、誤解をおそれずにいえば、気配り、気に掛ける、満足度を上げる、気分よくさせるといったニュアンスです。参考までに、ある一流ホテルの「ケア」の解釈を引用すると、“顧客が個人として、敬意を持って対処されたと感じられることを意味している”、とあります。

ホテル業界のなかでも、この「ケア」という点でどこのホテルよりも優っているといわれているのが、「リッツ・カールトン」です。世界の超一流のセレブ達が好んで宿泊するホテルです。

ホテルという施設は基本的に欧米の文化で、日本にはホテルではなく旅館という独自のスタイルがあります。ホテル業界でいうところの「ケア」は、日本の旅館では「おもてなし」。

旅館のなかでも、「極上のおもてなし」をしてくれるのが、石川県の和倉温泉にある「加賀屋 旅館」です。28年連続で、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」(全国の旅館業者により選定)の総合部門1位として認定・表彰されている旅館です。

こんな本も出版されています。

「加賀屋の流儀 極上のおもてなしとは」 細井勝著
(最初の数ページを読むことができますが、それだけでも感動してしまいます。)


ホテル業界の頂点が「リッツ・カールトン」だとすれば、旅館業界の頂点が「加賀屋」です。

その「加賀屋」で明日から、スカイクエストコムは研修会を行います。これには、本物の「ケア」、「おもてなし」を実際に肌で感じてもらい、その精神をビジネスにも活かしてもらいたいという、日本の小林代表の考えがあります。ありがたいことに私も招待していただきましたので、「極上のおもてなし」を見て、聞いて、感じてきたいと思います。

ビジネスにかぎらず、人と人とのふれ合いのなかでも、この「ケア」を意識することは一人の人間として大切なことだと思います。“素敵な人”、“できた人”、という印象を与える人は、やはりどの場面でもこの「ケア」ができている人ではないでしょうか。

| スカイクエストコム情報 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

携帯電話を利用したeラーニング

日本流通産業新聞の2008年4月10日号に掲載された、スカイクエストコムCEO、リチャード・タン氏のインタービュー記事の紹介です。>>詳細はこちら

記事の中で、特に読んでもらいたい部分を以下に抜粋します。

=================

--自己開発のセミナーというとビジネスマンが主対象で、主婦などの一般消費者からは関心をもたれないのでは?

タン コンテンツプログラムはビジネスに特化したものではなく、体の健康や心の健康、経済の健康という3つを自分の中で高めていくというもの。コンテンツは200本以上あって、幅広く愛用者も多い。

=================

--講師を選ぶ基準は何か。

タン 市場に対して力のある人をマスターチャンネルの講師に採用している。「ビジネスチャンネル」のスピーカーとしては、企業が成功するための経験を持っている人ということが基本にあって、その中から選定作業を行う。も一つのマスターチャンネルでは、両親がどのように子供に対して教育するべきか、どうすれば良い親になれるかをコーチングできるスピーカーを揃えた。

=================

--日本におけるEラーニングは、PCよりも携帯電話の方がよいのではないかという見方がある。

タン 私たちもモバイルの開発を2~3年前から始めている。今回来日したのは携帯電話を使ったEラーニングに関する面談も重要な課題の一つ。日本は携帯サイトで運営するための技術力が高く、利用者のコストは安い。数カ月以内には運営を始められるだろう。

=================

マレーシアで開催された世界ラリーでも、ほぼ開発が終了しているという携帯サイトのデモを会場のビッグスクリーンに映して、紹介していました。その時の話では、あくまでも予定ですが、今年の夏くらいにはスタートできるということです。

今年はNASDAC上場も控えていますし、スカイクエストコムの飛躍の年になるのは間違いなさそうですね。

| スカイクエストコム情報 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

橋本府知事に思う

今日は、橋本大阪府知事をニュースで見て感じたことを書いてみます。

最近では、行動を起こせば何かと話題になる人物ですよね。ニュースなどを見ていてもそのやる気が伝わってくるのでぜひとも応援したいと思うのですが、私には一つ気になることがあります。

ニュースに取り上げられるのはほとんどが、知事が他の人に理解を求めるけど上手く噛み合わない場面です。当たり前ですが、知事は理解者、賛同者が多いほど仕事がしやすいわけです。しかし、テレビで拝見している限りでは、今のところ周りの議員などに理解者が多いようには見えません。

その理由の一つとして考えられることは、あくまでも、私の勝手気ままな戯言ですが、正面衝突していることにあるのではないかと思うのです。どういうことかというと、自分の意見を相手に強要しすぎている、つまり、強引すぎる気がしてしまいます。

これは、知事が弁護士出身であることも大きく関係しているのかもしれません。詳しくはわかりませんが、弁護士というのは、証拠をそろえて、相手を否定しつついかに自分の意見が正当であるかを論じることが仕事なわけです。しかし、このやり方が法廷の外で通用するのか、疑問が残ります。

理解者、賛同者を得ることは、MLMにも大きく通じる部分があります。証拠を突き付けて、それがいかに正当であるか論じても、必ずしも人を動かせるとは限りません。では、どうすればよいのでしょうか。

それにはまず、自分が相手の理解者になることです。相手のことを理解するということは、そこに信頼関係が生まれるということです。信頼関係がなければ、なかなか賛同を得るのは難しいと思います。自分の意見ばかりを押し付けても、信頼関係は築けません。人の心は、信頼関係と情熱によって動くのではないでしょうか。

そしてもう一つは、リーダーシップです。「成功の9ステップ」のジェームス・スキナー氏は、リーダーシップというのは、“他の人を自分の夢に参加させること”だと言っています。やはり、政治家にはその能力が問われるようです。

こう書いてみると、MLMのリーダーは、政治家の素質もあるような気がします。人を動かすということや賛同者を得るという部分では、かなり共通点がありそうです。それだけ、MLMは奥が深く、多くのことを学べるということです。

| MLM | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

スピーカーデビューラッシュ

今日は東京三鷹にあるトップガンメンバーのお宅にお邪魔して、ミーティング&スピーカートレーニングをこれまた1日かけてやってきました。内容的にはとても前進した、充実した1日だったと思います。

最近のトップガンからは新しい流れ感じています。どんな流れかというと、スピーカーデビューラッシュ。

スピーカーを担当するということは、今までとは違った世界を見るということでもあるので、その経験が身体に染みつきできるようになってくれば、人間的にも成長することは間違いないはずです。

これからのトップガンメンバーシップはさらにパワーアップすること間違いなしです。今後の展開が楽しみです。

| スカイクエストコム情報 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

スカイクエストコム三昧の一日

昨日は午前中から夜まで、広尾オフィスでスカイクエストコム三昧の一日でした。

まず、午前中はインターナショナルラリーのシェア会。ラリー出席者が、ラリーで感じたこと、その興奮や決意したことなどを、お話(シェア)するという内容です。ちなみに、私もラリー出席者の一人としてお話してきました。自分が本当に伝えたかったことが伝わったかどうかがちょっと心配なところです。

午後は事業説明会。今回の事業説明会は、スカイクエストコム日本の草創期から関わっていらっしゃる星屋夫妻がはじめて夫婦で担当するということで、言ってみればスーパー事業説明会でした。そんな記念すべき説明会で、司会、体験談などを担当したのは、なんと我らがトップガンメンバーの方々です。超満員の会場は、会場全体が力強いエネルギーに満たされている感じがしました。

説明会の後は、ビジネストレーニング。ビジネストレーニングは何回か出ていますが、毎回何かしらの収穫があります。数年前に読んだ本を、あらためて読みなおすとまた違ったものが見えてくるように、ビジネストレーニングもその時の自分の状況に応じた収穫があります。星屋さんのビジネストレーニングは、様々な要素がてんこ盛りなので、ビジネスという響きよりも、むしろ「心のあり方トレーニング」です。スカイクエストコムに関わっていれば、そんなセミナーもタダで受講することができてしまいます。かなりお得です。

そして、締めはやっぱり、広尾駅前の和民でした。私はこのアフターが楽しみで、スカイクエストコムに参加しているといっても言い過ぎではないと思います。・・・いや、ちょっと言い過ぎました。でも、それくらい毎回楽しみにしているイベントの一つです。昨日もまたいろんな話をいろんな方から聞くことができて、とても楽しかったです。

といった感じの一日でした。

| スカイクエストコム情報 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

経済の格差=食の格差

先日書いた、松田麻美子さんが紹介しているナチュラルハイジーンという食事の仕方で、午前中はフルーツを食べるのが人間の体には最も適しているという話があるのですが、その話を友人にしたところ、「それってお金かかるね」と言っていました。・・・確かに。(ナチュラルハイジーンに興味がある方は先日の記事へGO!

そんなことがあって、食と経済の関係を意識していたところ、今日たまたまテレビを見ました。

テレビ東京の「カンブリア宮殿」で、今日は農業や食の安全についての内容でした。といっても最後の方しか見てないので全体の内容はわからないのですが、野菜や肉、魚といった食材は、単品だと原産国の表記が義務づけられています。でも、刺身の盛り合わせや冷凍食品、冷凍食品を使用した飲食店などは、原産国を表記する必要はないのだそうです。これが何を意味するか、ということです。

家計をやりくりする上で、あるいは、何か買いたいものがあったり、遊ぶお金がほしい場合に出費を削れるところを考えたとき、まず目がいくのはやはり食費です。でも、安売りの食材、手軽に安く食べられる飲食店など、一概には言えませんが、安いということだけあって、安全かどうかは疑わしいわけです。

たとえば、業界のなかでは常識的に行われているという肉の加工を担当している業者の方が、「自分の子供にはとても食べさせられない」、と言っていたのには驚きました。(食品衛生法では問題ないそうです)

しかし、安心して口に入れることができる食材にこだわると、食費が高くつきます。番組でも話していましたが、お金を持っている人は、例外なく、安全なものを食べています。つまり、経済的な格差が、食の格差にもなっているといった状況が起きているようです。

今日は、食の自由と経済の関係をまた考える日になりました。私は、やはり安全なものが食べたいですね。

| その他 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

トップクラスの人たちがスカイクエストコムに関わる理由

スカイクエストコムには常時200種類以上のビデオセミナーがあります。これに関わる講師陣は、それぞれの分野で活躍する世界でもトップクラスの人たちです。

スカイクエストコムはMLMを採用しています。MLMは昔に比べれば、誤解や偏見はなくなってきたとはいえ、やはりまだマイナスイメージを持つ人は少なくありません。しかし、ちょっと考えてみてください。

MLMそのものが一概に“悪い”ものであるとするなら、自分のイメージを大切にする世界トップクラスの講師たちが、MLM企業であるスカイクエストコムにどうして関わっているのでしょうか。

これは単純に彼らが、MLMに誤解や偏見がない、ということでしょう。少なくともMLMを、“悪い”ものとは思っていないわけです。ロバート・キヨサキやロバート・アレンなどはMLMをすすめているほどです。

しかし、そんなことよりももっと重要なことは、スカイクエストコムの基本理念に共鳴しているということです。世界で成功者といわれる人たちが口をそろえて、社会に出てからの教育の大切さを指摘していることを考えてみれば、これは当然の結果かもしれません。


●スカイクエストコムの基本理念
【ミッション】最先端の技術と起業家を通じて最高レベルの教育を提供し、世界規模での生活水準の向上を図る
【ビジョン】あらゆる家庭とビジネスにプラスの効果をもたらす
【バリュー】 賢く、愛情にあふれ、尊敬に値する家庭を築く

| スカイクエストコム情報 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

≫ EDIT

スカイクエストコム急成長の理由

スカイクエストコムは2002年に設立され、現在では世界54カ国40万人が関わるビジネスに成長しています。また、また数々の国際機関より高い評価を得ています。この急成長にはもちろん理由があります。

スカイクエストコムはMLMを採用している企業です。MLMは、消費者が同時に販売者となる流通形態ですが、販売者となるには、やはりそれなりのビジネスの知識やスキル、マインドといったものが必要になってくるわけです。

そのため、それなりに実績を出しているリーダーと呼ばれる人たちが、ディストリビューターのためのビジネストレーニングを定期的に行います。それに加え、スカイクエストコムの場合は製品そのものが教育なので、製品を利用することがビジネストレーニングも兼ねているわけです。ロバート・キヨサキも言っているように、MLMの大きな価値の一つは教育システムの充実にあります。

それと同時に、スカイクエストコムの製品に魅力を感じる人は、もともと学習意欲の高い人が必然的に多くなり、単に製品を利用するユーザーよりもビジネス志向の人が集まりやすくなります。

つまり、MLMという流通形態とスカイクエストコムの製品の相乗効果。これが急成長の理由の一つと言えます。

| スカイクエストコム情報 | comments:0 | trackbacks:0 | MLM@スカイクエストコム TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。